スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
iphoneのsafariにflashが載っていない
今日早速iPhone用に何か作りたいと思っていろいろ調べていたら、そういえばiPhoneのsafariではflash使えないということを思い出しました。ただちょっと自分でもびっくりしたのは、この数日間flashのないインターネットに何の違和感も感じなかったこと。

jQueryでドラッグできないと前回エントリに書いたのですが、javascriptのマウスイベントはダメみたいですね。ドラッグできるjavascriptとかflashは、iPhone向きなんじゃないの?と思うけど、逆にiPhone側のドラッグイベント?とかぶっちゃって扱いが大変ということなのでしょうか?

それにしても、しばらく前に 個人的にFlashがつまらなくなってきた理由というエントリを書いたのですが、これはどちからかというと制作者側として最近のflashに個人的に感じていることを書いたのですが、iphoneをこの数日使って改めていろいろ感じました。

flashは何でもできるようになって、個々の機能が高機能になっていくに従って、flash本来の持ち味が薄くなっているかんじがします。現在のネット業界を牽引している企業の代表に、グーグル、アマゾン、ヤフーあたりがあると思いますが、どこも全面的にflashを採用していません。

グーグルはyoutubeの動画でflvを採用していますが、これってflashではなくて、動画フォーマットとしてのflvと割り切って使っています。それ以外はバナー的な使い方です。アマゾンもトップページにクルクル回るへんなバナーみたいなのを入れているくらい。ヤフーは動画広告にflash使ってますが、あとは個別のページを飾る要素に使うくらいじゃないでしょうか。むしろjavascriptの方が圧倒的に使われています。全体をjavasriptで作って、部分的にflashを使う。

youtubeのflvの使い方はまさに高機能化したflashのいいとこだけを都合よく使っているかんじ。flashの3Dもflvと同じ扱いになっていくのでしょうか。そうやってどんどん細かいところにflashが入り込んでいくのがadobeの戦略なんだろうけど、僕がはじめてflashを使った頃と比べてflashの位置付けがつまらなくなってきている。なんというか、ワクワクしないし、すごい未来が待っているかんじもしない。

iphoneでflashが使えても使えなくても、根本的に関係ない。

flashは表現の幅を確実に拡げて、いろんな制約から表現を解放してくれるんだけど、それなのにflashのないiphoneに不満を感じない現実がある。そこらへんPS3とwii、DSにも通じるところがあって、視覚的なリアリティって感覚的な体験の前にはあまり関係なくなってくるような気がします。
| iphone | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://4creaters.jugem.jp/trackback/121
トラックバック