スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
iPhoneと日本のケータイは何が違うのか?
JUGEMテーマ:iphone


日本メーカーが「iPhone」を生み出せない理由 - 日経エレクトロニクス - Tech-On!

この中でiPhoneについて、
なぜか使いたくなってしまう不思議な心地よさがあります。

納得です。海外のプロダクトってこういうものが多いですよね。デザインが洗練されているだけで、使っていて気持ちいい場合が多々あります。iPhoneの場合インターフェースの心地よさとあわせて、画面の美しさがかなり使う人を「心地よく」しているんじゃないかと思います。写真・文字の描画はアップルだけあって圧倒的に美しいです。これくらいの解像度って国内のケータイではあたりまえですけど、これほど綺麗に描画するケータイってなくないですか。

インターフェースでいうと、全面が平面のタッチパネルはキーに触れた感覚がないから使い難いといわれますが、iPhoneに関しては僕は全く感じません。一般的にキーって押したとき動作が実行しますが、iPhoneの場合はキーを押して上げたあとにキーが動作します。iPhoneのインターフェースってキーを押した時のわかりやすい視覚的な反応が必ず入っていますので、このルールを知っているとキーのフォーカスを外してからキーアップしてキャンセルできるので、入力間違いもかなり軽減されます。文字入力に関しても最近は普通の携帯のときよりも打ちやすいです。ここらへんのキーフォーカス時の反応も心地いいですよね。

iPhoneって、

「iPod + 携帯電話 = iPhone」ではなく、

「iPod + 携帯電話 + α = iPhone」

だということ。例えば、シャープのAQUOSケータイなんかは単純に、

「AQUOS + 携帯電話」

でなんのひねりもないです。それは、VIERAケータイとかwalkmanケータイとかでもみんなそう。ただくっつけただけのプロダクトしかなくて、そこらへんが日本の携帯電話がどれも同じに見える原因のような気がします。

iPhoneって建前として「iPod 」と「携帯」をくっつけた商品ですが、それは一般的に受け入れられるためにわかりやすく言葉を組み合わせただけで、実際にはiPhoneという全く新しいカテゴリの商品です。マルチタッチとインターフェースデザインが全くあたらしいカテゴリを作ったんだと思います。もはや人によっては、電話とiPodはおまけみたいなものです。カテゴリの捕らえ方が変化していることを認識しておかないと大変なことになります。DSなんかもWi-Fiとペン入力で、携帯ゲーム機の中にゲームとは全く違うカテゴリを数多く作ることで大ヒットしました。

こういうのって日本のメーカーには難しいのかと思っていたのですが、たぶん国とかは関係なくて、アップルだからできることなのかもしれないと思いました。
| iphone | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:14 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://4creaters.jugem.jp/trackback/127
トラックバック