スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
無料レベルのiPhoneアプリを有料で販売するひとつの方法
最近iPhone関連のことあんま書いてないんだけど、僕のiPhone熱もちょっと覚めつつあるのかな?あんまそんなに意識はしていないけど。

よくよく考えたらアプリも随分ダウンロードしていない。AppStoreはよく見ているけど、欲しいアプリがあんまない。僕の場合もっぱらゲームがメインで、しかもモロ見た目で判断するんで、グラフィックが好みじゃないとまずやらないです。最後にDLしたのは「BLUE ATTACK!」。まず見た目でグッっと来て、やってみたらこれまたそこそこ面白い。あとサウンドがすごいいい。

他にも注目しているゲームはいくつかあるんだけどなかなか出ないし。。

それで、久々になんでiPhoneについて書いたかっていうと、今度友達がアプリを出すんでADhoc版をもらってやってみた。なんだろう?便利なユーティリティなんだけど、かなり使うシチュエーションが限定されていて、多分僕は一生使わないと思うんだ、使う人は毎日のように使うし便利だろうけどね、ってかんじのものでした。

で、アプリのアイコンとかUIがまだないんで、なんか適当に作って!みたいな軽いかんじで頼まれて、それはそれで別にいいんだけど、いろいろ話しているとどうも似たアプリがあって、それが無料だから本当は有料で売りたかったけど、無料にしようかな?みたいなとこで悩んでた。

あれ?なんかそんなこと前にエントリに書いたような?と思ったけど、これってiPhoneアプリを作っている人にとっては結構深刻なことだよなぁ。

そのアプリを見てみると確かに2つのユーティリティの目的は一緒なんだよね。まだ完成してないからアプリのこと書けないんであれなんですが。オリジナルな機能もあるんだけど、そもそもこのアプリ一生使わなそうな僕にとっては正直、どっちも99%同じものに見える。そりゃ無料じゃなきゃ絶対出せないよな。。

と思ったんだけど、でもちょっと待てよ!よくよく見ると友達のアプリもその無料のアプリもアイコンとかUIがお世辞にもカッコいいとは言えないんだよね。

AppStoreのレビュー見てると、結構アイコンのデザインを気にしたり、UIを馬鹿にするレビューとかをわりと良く見かけるよね。「zept pad」だっけ?昔かなり酷い書かれようだったようなきがする。デザインって好みだから一概には言えないんだけど、少なくともiPhoneユーザにはデザインにこだわる層っていうのが結構な数いるんじゃないかな?と。まぁこれ当然と言えば当然で、そもそもmacってデザイナーとミュージシャンが仕事で使うのに特化したようなコンピュータで、そういう人達は見た目にも気を使う人多いと思うんだよね。んでもって、クリエイターじゃない代理店営業の人がmac使ってると、こいつすげーお洒落&こだわりなんじゃね?ってやっぱ思うもん。

そんなデザインにはちょっとこだわりを持つ人達にリーチする一つの手段はやっぱりデザインじゃないの?と思った。デザインが素晴らしければ、多少の出費は気にしないんじゃない。で、あとはそのユーティリティが必要なひとに委ねる。

ということで、おしゃれなやつがオシャレなやつに自慢したくなるお洒落なデザインにするのが、無料にしかできなそうなアプリを有料にするひとつの手じゃね?って無責任に友人には説明した。まぁそんなオサレなものを作れるかどうかがポイントなんだが。

ちなみに僕ははじめにも書いたようにアプリをまず見た目で判断するような人間です。
| iphone | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:26 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://4creaters.jugem.jp/trackback/147
トラックバック