スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
auの助手席ナビはこうなれ!
僕はauの「助手席ナビ」の超ハードユーザです。約1年前の旅行で使って以来、旅行・ドライブと常に「助手席ナビ」は必須アイテムになりました。まぁ単純にカーナビ持ってないんで。。ちなみにauのGPSを使った携帯サービスを開発している友人には「ここまで助手席ナビを本格的に使っている人はみたことがない、むしろカーナビ買え」といわれました。

僕は基本的に23区内、特に品川区・港区あたりが運転する場所の90%なんで、そもそもカーナビなんかほとんどいらないんですよね。ただ1ヶ月に1回くらいのペースで千葉・伊豆あたりに頻繁に旅行に行くんです。

で、1年位前に千葉に旅行に行くさいに、「助手席ナビ」を試しに使ってみたことがはじまりでした。全く期待していなかったんですが、これがなかなか使えるんです。少なくとも僕とロードマップの組み合わせよりははるかに確実に目的地に導いてくれます。

特に高速道路ではマップではなくて「文字表記」でナビゲートしてくれるのですが、これがわかりやすくていいですね。目的地までの分岐を全てたどって調べられるし、分岐が近づくとちゃんと声で教えてくれます。高速道路はうっかり道路を間違えると致命的なことになりかねないので、はじめていく場所なんかは本当に助かります。

街中の走行でもあらかじめ交差点の前は1kmとか100mとかちょこちょこと、どうすればいいのか教えてくれます。4差路の分岐を「右から2つ目を曲がってください」みたいに教えてくれた(気がする、なんとなく・・)のにはびっくりしたのを覚えています。

そんな僕的に大絶賛な「助手席ナビ」ですが、いくつか不満点があります。

1.ナビゲートはじめるまでに「はい」をものすごく押さないといけない。
2.渋滞を考慮したナビゲートの場合、渋滞情報をリアルタイムで反映しながらナビゲートしていない。
3.バッテリーの減りが早い。


1.は、パケット通信をするんで仕方ないのかもしれないんだけど、「通信してもいいですか?」的な質問を何度もしてくるんですよね。ルートが決まってナビゲートするまで別にワンクリックでいいんじゃないですか?運転しながら目的地かえるの面倒くさいよ、って本当は運転しながら携帯触っちゃダメなんだけどね。。

2.これはちょっと致命的です。首都高は刻一刻と渋滞状況が変わっているのに、渋滞を考慮したルート検索をすると、一番最初のルート検索画面まで戻って検索しないと最新の渋滞情報が反映されたルートを教えてくれない。たとえば朝5時に軽井沢を出発して品川につくルートを検索してナビしてもらうと、ルートの再検索をするまで朝5時の渋滞状況のルートをひたすらナビします。途中で食事をしてたとえPAで昼寝をしてうっかり寝坊して夕方5時に藤岡JCTあたりで出発しても、再検索をしなければ朝5時の渋滞情報を考慮したルートをそのままナビします。たぶん。うっかりそのまま首都高に飛び込むと完全に渋滞ナビです。どうせGPSで常にパケット送っているなら渋滞情報を一定時間で更新したルートを教えてくれ!

3.これはしょうがないけど、長距離は向いていません。先日も品川を出発して碓氷軽井沢ICを降りるころには勝手にナビゲーションをやめていました。軽井沢より先には旅行にいけないじゃん!ちなみにパケット代も相当かかると思われますが、会社から支給されている携帯なんで値段はどれくらいかかっているのかはわかりません。

まぁそれでもかなり便利なのは間違いないです。なにがいいって地図が勝手に更新される(カーナビは地図の更新は有料だったと記憶)のと、僕みたいに無計画で旅行に出てしまう場合には周辺情報とかもいろいろ拾えるのですごい重宝します。
| 携帯 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://4creaters.jugem.jp/trackback/58
トラックバック
SONY GPSユニット GPS-CS1K |
SONY GPSユニット GPS-CS1Kソニーが発売した久々の意欲作。写真を撮るときに本機を起動することで15秒おきにGPSから情報を取得する本来はソニー製のサイバーショット用に設計されているものの大半のカメラが採用している画像方式Exif2.1の画像データ規格...
| 家電大好き!最新人気情報! | 2006/09/17 2:24 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/09/25 8:56 PM |