スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
iPhoneと日本のケータイは何が違うのか?
JUGEMテーマ:iphone


日本メーカーが「iPhone」を生み出せない理由 - 日経エレクトロニクス - Tech-On!

この中でiPhoneについて、
なぜか使いたくなってしまう不思議な心地よさがあります。

納得です。海外のプロダクトってこういうものが多いですよね。デザインが洗練されているだけで、使っていて気持ちいい場合が多々あります。iPhoneの場合インターフェースの心地よさとあわせて、画面の美しさがかなり使う人を「心地よく」しているんじゃないかと思います。写真・文字の描画はアップルだけあって圧倒的に美しいです。これくらいの解像度って国内のケータイではあたりまえですけど、これほど綺麗に描画するケータイってなくないですか。

インターフェースでいうと、全面が平面のタッチパネルはキーに触れた感覚がないから使い難いといわれますが、iPhoneに関しては僕は全く感じません。一般的にキーって押したとき動作が実行しますが、iPhoneの場合はキーを押して上げたあとにキーが動作します。iPhoneのインターフェースってキーを押した時のわかりやすい視覚的な反応が必ず入っていますので、このルールを知っているとキーのフォーカスを外してからキーアップしてキャンセルできるので、入力間違いもかなり軽減されます。文字入力に関しても最近は普通の携帯のときよりも打ちやすいです。ここらへんのキーフォーカス時の反応も心地いいですよね。

iPhoneって、

「iPod + 携帯電話 = iPhone」ではなく、

「iPod + 携帯電話 + α = iPhone」

だということ。例えば、シャープのAQUOSケータイなんかは単純に、

「AQUOS + 携帯電話」

でなんのひねりもないです。それは、VIERAケータイとかwalkmanケータイとかでもみんなそう。ただくっつけただけのプロダクトしかなくて、そこらへんが日本の携帯電話がどれも同じに見える原因のような気がします。

iPhoneって建前として「iPod 」と「携帯」をくっつけた商品ですが、それは一般的に受け入れられるためにわかりやすく言葉を組み合わせただけで、実際にはiPhoneという全く新しいカテゴリの商品です。マルチタッチとインターフェースデザインが全くあたらしいカテゴリを作ったんだと思います。もはや人によっては、電話とiPodはおまけみたいなものです。カテゴリの捕らえ方が変化していることを認識しておかないと大変なことになります。DSなんかもWi-Fiとペン入力で、携帯ゲーム機の中にゲームとは全く違うカテゴリを数多く作ることで大ヒットしました。

こういうのって日本のメーカーには難しいのかと思っていたのですが、たぶん国とかは関係なくて、アップルだからできることなのかもしれないと思いました。
| iphone | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
iPhoneのホームにダイヤル用アイコンを追加
JUGEMテーマ:iphone


よく使うメールアドレスとか電話番号をホーム画面に直接載せられないかな?と思って調べていたら、こんなことできたんですね。

iPhone 3Gのホーム画面に好きな画像でダイヤル用アイコンを作る方法 - iPhone・iPod touch ラボ

これ便利。iPhoneの機能でついているのかと思ったけど、実際にはQLINKって全然関係ないとこがサービス提供してるんですね。早速やってみました。



電話番号送るんでちょっと不安。よくよく考えると、javascriptとapple-touch-iconで簡単に作れそうだから、自分で作ったほうが安心。

一番簡単なのはこんなかんじ

<html>
<head>
<link rel="apple-touch-icon" href="XXXXX.png" />
<script type="text/javascript">
function tel(){
window.location.href = tel:09012345678";
}
</script>
</head>

<body onload="tel();">
</body>
</html>


これのXXXXX.pngにトップに入れたい画像のURLを入れて、09012345678を任意の電話番号にすればたぶんOK.
| iphone | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
iPhone 海外のWebアプリ
JUGEMテーマ:iphone


iPhoneのwebアプリを作るのに調べていて、国内ではまだなかなか参考になるものが見つからないのですが、海外サイトにはいろいろ面白いものがみつかります。


画像をマルチタッチで回転させたり、拡縮したり、cssとかと組み合わせて実現してます。iPhoneのCSSがかなり強力なので、こういったことも割りと簡単にできそう。





こっちはスライドする画面ですが、これもCSSでアニメーションをしているみたいですね。

| iphone | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
iPhoneでRIAするには
JUGEMテーマ:iphone


ぼちぼち僕も何かiPhone向けに作ろうと思って調べはじめました。
SDKでアプリを作りたいというのはあるんですけど、やっぱりちょっと面倒くさいです。
今からobjective-Cはじめても実際にアプリになるまで時間かかりそうですし、
AppStoreに並んでも埋もれてしまいそうなので、とりあえずiPhoneならではのwebアプリを作りたいと思います。

前回のエントリでUIのことをいろいろと書いた以上は、UIにそれなりにこだわらないといけませんね。

それでiPhoneでもグラフィカルなUIを実現するべく、「canvas」という機能を試しています。ブラウザで画像の処理を行う機能なんですが、Firefix,opera,safariなんかに実装されています。下のmozillaにチュートリアルが乗ってます。

Canvas tutorial - MDC

canvasの機能をいくつか試したんですが、それまでimagemagickとかGDとか使ってやってた処理をcanvasで実現できます。特に画像の合成処理なんかはimagemagickをつかって乗算とか減算したりしていたのですが、canvasでもほとんど変わらない感じで処理してくれてます。これだとクライアント側でプレビュー処理して、最終的な画像ファイルの作成はサーバ側で処理すれば、負荷もかなり軽減できますよね。

canvasが良い点は、javascriptで命令を書くので、他のUIやcssと一緒に扱えることです。webアプリを構成する要素でクライアントに必要な要素は全てjavascriptで扱えるようになります。

あとはグーグルがIE用にcanvasをつかえるようにするjsファイルを配布しています。このスクリプトをインクルードしておくだけで大抵の機能が使えるみたいです。ちょっと試して見ましたがFirefoxと変わりませんでした。

SourceForge.net: ExplorerCanvas

ここに入っているサンプルがまたすごいです。箱を3Dアニメーションで描画したり、白いパーティクルのようなアニメーションとか、一番何気に驚いたのはFirefoxのロゴ画像を回転させています。画像を回転させるって基本的にはjavascriptではできなかったのですが、canvasならこんなことまでできてしまうんですね。







たぶんiPhoneのwebアプリのUIは、canvasを上手く使えるかどうかでダイブ違ってくると思います。
| iphone | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
iphoneのUIが素晴らしい点
JUGEMテーマ:iphone


連日iPhoneネタなんです。手に入れてからものすごい勢いで使っているというわけではないんですが、やっぱり使うたびに新しい発見とかあって面白いです。

iPhoneのUIで素晴らしいと思った点。

・入力について

携帯電話と比べると「入力方法」が一番違いますね。携帯電話の場合あくまでハードウェアで固定された限られたボタンで操作します。ボタンの数は、十字ボタンを合わせてだいたい20〜24個くらいでしょうか。この20前後のボタンに全ての機能を割り当てないといけないんです。これだけ携帯電話が普及しているとそれほど違和感を感じませんが、これってUI的にはひどいですよね。昔はよく端末を買えると操作の仕方がわからなくなったり、メーカーを変えると違和感があったりしました。

僕はノキア端末が長かったので、日本のメーカーの携帯の操作は違和感を感じますし、ずっと東京デジタルホン〜ソフトバンクなので、実はドコモの端末は一切触ったことがありません。妻のドコモ携帯(SH)を触ったときもiモードすらよく使い方がわかりませんでしたし。自分のなかのiモードの定義すら間違っていた感がありました。会社で支給されていたのは、auのカシオ端末でとてもシンプルだったので非常に使いやすかったのは覚えています。携帯電話ってUIを含めた使いやすさには個体差があります。

一方iPhoneはどうかというと、これも慣れ不慣れがあって誰でもが同様に使えるというわけではないと思うし、当然それなりのルールを覚えないといけません。でも少なくもと英語入力、数字入力、日本語入力はUI自体が変わるので間違えることはありません。何気にこれが一番素晴らしいなとぼくは思うんですけどね。今何を入力して、どこを押せばいいのかがわかりますから。銀行や郵便局のATMに近いですね。タッチパネルで、そのときに必要なアクションしか表示しませんので年寄りでもそれなりに使えます。あとはiPodのUIなんかも1カラムで横に深く掘っていけるルールは直感的で、これは昔のiPodからほとんど変わっていません。

あとは真ん中にあるハードウェアのボタン。大抵のことをキャンセルできるボタンですね。この機能ってほとんどの携帯電話にもついていると思いますが、その他多くのボタンと同じ扱いです。iPhoneが素晴らしいのはタッチパネル上に配置しなかったことだと思いました。全ての場面で適用できるルールはこの「キャンセル」ボタンだということが直感的にわかります。ここらへんの扱いが絶妙で感動します。国産の携帯や製品ではまず絶対にできないでしょう。アップルはこうことを長年やってきたわけで、その思想がiphoneには凝縮されていますね。

UI的には基本的には僕は申し分ないと思います。現時点では、safariでズームしてウェッブサイトを読んでいるときに、横スクロールのスライダも当然出てきてしまうのですが、その横方向のスライダだけ固定したいとか、画面の縦横表示の切り替えを端末の傾きだけで行うだけでじゃなくて、任意に選べるようにしたいとか。もしかしたらここらへんはすでに実装されていて僕が知らないだけかもしれません、まぁその程度の細かいことくらいです。
| iphone | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
iphoneのsafariにflashが載っていない
今日早速iPhone用に何か作りたいと思っていろいろ調べていたら、そういえばiPhoneのsafariではflash使えないということを思い出しました。ただちょっと自分でもびっくりしたのは、この数日間flashのないインターネットに何の違和感も感じなかったこと。

jQueryでドラッグできないと前回エントリに書いたのですが、javascriptのマウスイベントはダメみたいですね。ドラッグできるjavascriptとかflashは、iPhone向きなんじゃないの?と思うけど、逆にiPhone側のドラッグイベント?とかぶっちゃって扱いが大変ということなのでしょうか?

それにしても、しばらく前に 個人的にFlashがつまらなくなってきた理由というエントリを書いたのですが、これはどちからかというと制作者側として最近のflashに個人的に感じていることを書いたのですが、iphoneをこの数日使って改めていろいろ感じました。

flashは何でもできるようになって、個々の機能が高機能になっていくに従って、flash本来の持ち味が薄くなっているかんじがします。現在のネット業界を牽引している企業の代表に、グーグル、アマゾン、ヤフーあたりがあると思いますが、どこも全面的にflashを採用していません。

グーグルはyoutubeの動画でflvを採用していますが、これってflashではなくて、動画フォーマットとしてのflvと割り切って使っています。それ以外はバナー的な使い方です。アマゾンもトップページにクルクル回るへんなバナーみたいなのを入れているくらい。ヤフーは動画広告にflash使ってますが、あとは個別のページを飾る要素に使うくらいじゃないでしょうか。むしろjavascriptの方が圧倒的に使われています。全体をjavasriptで作って、部分的にflashを使う。

youtubeのflvの使い方はまさに高機能化したflashのいいとこだけを都合よく使っているかんじ。flashの3Dもflvと同じ扱いになっていくのでしょうか。そうやってどんどん細かいところにflashが入り込んでいくのがadobeの戦略なんだろうけど、僕がはじめてflashを使った頃と比べてflashの位置付けがつまらなくなってきている。なんというか、ワクワクしないし、すごい未来が待っているかんじもしない。

iphoneでflashが使えても使えなくても、根本的に関係ない。

flashは表現の幅を確実に拡げて、いろんな制約から表現を解放してくれるんだけど、それなのにflashのないiphoneに不満を感じない現実がある。そこらへんPS3とwii、DSにも通じるところがあって、視覚的なリアリティって感覚的な体験の前にはあまり関係なくなってくるような気がします。
| iphone | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 4/20PAGES | >>